ラピッドラッシュで色素沈着?

ラピッドラッシュで色素沈着?成分からチェック

世界各国でおよそ500万本以上売れている、まつ毛美容液のラピッドラッシュ。

 

 

日本でも、「本当にまつ毛が伸びた!」、「まつ毛の密度が濃くなった!!」などという口コミから広まり、一気に人気爆発のまつ毛美容液となりましたね♪

 

 

あなたも、そんな口コミからまつ毛美容液ラピッドラッシュが気になり始めたのではないですか?

 

 

「本当にまつ毛が伸びるなら、ラピッドラッシュを使ってみようかな」と思っているのではないですか?

 

 

 

しかし、本当にまつ毛が伸びるのならすぐに買いたいまつ毛美容液のラピッドラッシュですが、ちょっと心配ごともあるのではないですか?

 

 

 

それは、ずばり「色素沈着」などの副作用なのではないでしょうか。

 

 

まつ毛が伸びても、パンダみたいに目の周りが黒くなってしまうのだったら、使いたくない・・・・

 

 

 

そう思うのは当然のことです。

 

 

当サイトでは、まつ毛美容液、ラピッドラッシュは本当に色素沈着を起こすのか、その他にも副作用はないのかなどを、成分や口コミなどから徹底的に調査してみました。

 

 

早速、成分からラピッドラッシュは色素沈着の恐れがあるのか、あるとしたらその成分はどれなのか、を徹底調査してみようと思います。

 

 

ラピッドラッシュで色素沈着ってするの?

 

 

まず、そもそもラピッドラッシュで色素沈着ってするのかという点ですが

 

 

 

 

 

人によりますが、色素沈着はします。

 

 

 

言い換えると、ラピッドラッシュには、色素沈着をする成分は入っています。

 

 

口コミなどをみると、色素沈着したという人もいれば、色素沈着しなかったという人もいるので、実際どうなんだろうと思うかもしれませんが、ラピッドラッシュには色素沈着を引き起こす成分は入っています。

 

しかし、その成分は、実はラピッドラッシュをここまで人気にさせた成分でもあるのです。
もし、ラピッドラッシュにその成分が入っていなかったとしたら、ここまで人気爆発のまつ毛美容液とはなっていないと断言できます。
(理由は後ほど)

 

 

 

ラピッドラッシュの色素沈着を引き起こす成分とは

では、早速ラピッドラッシュの全成分を見てみましょう。

 

 

水、BG、ヒドロキシエチルセルロース、イソプロピルクロプロステネート、ヒアルロン酸Na、オクタペプチド-2、トリペプチド-1 銅、合成ヒト遺伝子組換ポリペプチド-1、ペポカボチャ種子エキス、ダイズ油、グリセリン、ホスファチジルコリン、加水分解ムコ多糖、リゾビアンガム、ビオチン、 パンテノール、パンテチン、グリチルリチン酸2K、エチルヘキシルグリセリン、アラントイン、海水、エタノール、フェノキシエタノール

 

 

こちらが、ラピッドラッシュの全成分です。

 

ヒアルロン酸やオクタペプチド、ダイズ油など、どこかで聞いた事のある成分ですね。

 

 

 

あなたは、どれかあまり見慣れない成分はありませんか?

 

 

合成ヒト遺伝子組換ポリペプチド-1ですか?

 

 

合成ヒト遺伝子と聞くと、ちょっと不安になりますよね(笑)

 

しかし、これは違います。

 

 

美容液などの成分で聞いたことがあるかと思いますが、EGFと呼ばれる成分で、アメリカの臨床試験によると、この合成ヒト遺伝子組換ポリペプチド-1により、細胞量を大幅に増加させる事ができるという、素晴らしい成分なのです。

 

 

 

他にありませんか?
答えを言っちゃいましょう。

 

 

それは、イソプロピルクロプロステネートという成分です。

 

 

 

これが、ラピッドラッシュで色素沈着を引き起こす可能性のある成分なのです。

 

 

 

イソプロピルクロプロステネートってどんな成分?

 

イソプロピルクロプロステネートは、化粧品成分に分類されている成分ですが、「プロスタグランジンの合成類似体」と呼ばれている成分です。

 

 

プロスタグランジンってあまり聞きなれない成分ですよね。
おそらく、あなたが今まで使ってきたものの中には、入っていない成分だと思います。

 

 

それもそのはず、プロスタグランジンって実はお薬の成分なんです。

 

本来、まつ毛美容液などの化粧品には入っていてはいけない成分なんです。

 

 

この、プロスタグランジンという成分は、本来、緑内障の治療として使われている点眼剤に入っている成分でした。

 

しかし、どういう訳か、緑内障の点眼剤を使っている患者さんのまつ毛が伸びているという結果がわかり、その元を探ってみると、このプロスタグランジン(ビマトプロストとも言います)が、その原因であるということがわかりました。

 

 

本来プロスタグランジンは、「眼圧を下げる」という事を主目的とした成分ですが、「まつげが伸びてしまう」、「色素沈着を引き起こしてしまう」という副作用も併せ持つ成分だということなんですね。

 

このプロスタグランジンという成分は、医薬品としての使用は認められていますが、化粧成分として使うことは、厚労省によって認められていません。

 

 

やっぱり、薬である以上、副作用があるので、安全上医師の管轄化で使わなくてはいけない成分だということでしょう。

 

 

だから、日本で販売されているようなまつ毛美容液では、このプロスタグランジンと言う成分も、プロスタグランジンの合成類似体と呼ばれている成分も入っていません。

 

 

プロスタグランジンが、「まつ毛を伸ばす」、「色素沈着を引き起こす」という副作用のある成分である以上、プロスタグランジンの合成類似体であるイソプロピルクロプロステネートという成分も、やっぱり色素沈着を引き起こす可能性のある成分と言わざるを得ません。

 

 

そして、ラピッドラッシュにはプロスタグランジンの合成類似体であるイソプロピルクロプロステネートが入っている以上、ラピッドラッシュで色素沈着を引き起こす可能性は、やっぱりあるんです。

 

 

じゃあ、なぜ色素沈着を起こす可能性のあるプロスタグランジンの合成類似体、イソプロピルクロプロステネートという成分が、ラピッドラッシュに入っていると思いますか?

 

 

ラピッドラッシュにプロスタグランジンの合成類似体が入っている理由

 

それは、まつ毛が伸びるからなんです。

 


※ラピッドラッシュの効果画像ではありません

 

言い方を変えると、

 

 

プロスタグランジンはまつ毛を伸ばしてしまうという副作用があるからなんです。

 

 

それが最大の理由で、ラピッドラッシュにはプロスタグランジンの合成類似体が入っているわけです。

 

 

 

日本のまつ毛美容液では、プロスタグランジンやプロスタグランジンの合成類似体が入っているまつ毛美容液はありません。

 

 

なんで、「まつ毛を伸ばす成分」であるプロスタグランジンが入っていないのかというと、それは先にも言ったとおり、厚労省により認められていないため、入れることができないんです。

 

だから、日本のまつ毛美容液の成分を調べればわかると思いますが、保湿成分や毛髪補修効果のあるペプチドなどがメインであり、それによりまつ毛を太くしようとするものなんです。

 

 

薬の副作用を使ってまつ毛を伸ばそうとするラピッドラッシュとは、根本的に違うものだと思います。

 

 

まつ毛が補強された結果、ビューラーなどの外部的な刺激により、成長途中で抜け落ちてしまうまつ毛が最後まで残るため、日本のまつ毛美容液でもまつ毛の長さに関して一定の効果を感じている方もいらっしゃるかとは思いますが、薬の副作用を利用するものではないため、限界があるのもまた事実です。

 

だから、日本のまつ毛美容液では、色素沈着などの副作用を心配する必要はありません。

 

 

しかし、海外のまつ毛美容液であるラピッドラッシュは、イソプロピルクロプロステネートの副作用により、まつ毛が伸びる可能性はありますが、色素沈着を起こす可能性もあるという事をしっかりと承知、理解した上で使う必要がありますね。

 

 

日本のまつ毛美容液とラピッドラッシュのどちらを選ぶべきか・・・・・

 

あなたの欲望というか欲求を天秤にかけて欲しいなと思います。

 

まつげを伸ばしたいという欲求と、色素沈着はしたくないという思いのどちらが強いかです。

 

まつ毛を伸ばしたいというのであれば、それはやっぱり薬の副作用を利用しているラピッドラッシュを選んだほうが効果を感じられる可能性は高いと思います。

 

イメージ的に言うと、美容成分で補修、補強しようとするのではなく、薬の副作用で強引に伸ばしてしまえというものですから。
(もちろん、ラピッドラッシュにもペプチドなどの美容成分は入っています)

 

もっとも、薬の副作用を使っているラピッドラッシュですが、どの程度の副作用が出るのかというのは、個人差があります。

 

口コミなどにもありますが、「まつ毛の長さに効果を感じているし、色素沈着もしていない人」もいれば、「まつ毛の長さに効果を感じているが、色素沈着してしまう人」、「まつ毛の長さもさほど効果がないし、色素沈着してしまう人」など、様々です。

 

 

なので、ラピッドラッシュを使ったからといって、あなたのまつ毛が必ず伸びると言い切ることはできません。

 

 

こればかりは、一度使ってみないとなんともいえないということになってしまいますね・・・。

 

 

逆に、「色素沈着は絶対にいやだ」という考えでしたら、やはり色素沈着の可能性のあるラピッドラッシュは使うべきではなく、日本で販売されている一般的なまつ毛美容液の中から選ぶべきだと思います。

 

 

 

 

まつ毛美容液ってとても高いです。

 

 

金額だけを考えると、5,000円前後と、そこまで高いものではありませんが、内容量と比較したら・・・・法外な金額だと個人的には思います(笑)

 

 

まつ毛美容液は2,5ml〜3mlくらいが一般的な量ですが、そんなちょっとで5,000円前後するなんて、砂漠の中で水を売っている様なものです。

 

 

これが、250ml〜300mlあって、5,000円前後だとしたら、「仕方ないか」と思う金額ですが、2,5mlで5,000円はちょっとやりすぎだと思う(笑)

 

そんな高価なものを買うわけだから、やっぱり十分考えなくちゃいけないですよね。

 

安物買いの銭失いにならないように(笑)

 

 

もしあなたが、「まつげを伸ばしたい」という欲求の方が強いのだったら、やはりプロスタグランジンの合成類似体が入っているラピッドラッシュを使うべきなんじゃないでしょうか?

 

 

 

 

 

値段は5,940円ですので、「安いから」という理由でラピッドラッシュをおススメすることはできません。

 

しかし、美容成分でまつ毛を補修、補強するようなまつ毛美容液よりも、薬の副作用を使っているまつ毛美容液の方が、あなたの欲求を満たしてくれると、私は思います。

 

もちろん、ラピッドラッシュを使う際は、「色素沈着の可能性もある」という事を、十分承知した上で使うようにしてください

 

あと、日本向けのまつ毛美容液ではありますが、海外で製造されているものなので、メイドインジャパンの安心感はありません。

 

必ず正規品を購入するように心がけてください。

 

 

 

 

 

>>ラピッドラッシュ 公式販売HPはこちら<<

最後に

最後までご覧頂き、本当にありがとうございます。

 

私の拙い文章で、ストレスが溜まってしまわなかったか心配です(笑)

 

私はまつ毛美容液に興味があり、数々のまつ毛美容液を使ってきました。
商品名は出せませんが、日本でよく知られているまつ毛美容液ばかりです。

 

でも、あまり効果が感じられないなぁと思ったのも事実です(少なくとも私は)。

 

 

まつ毛美容液は用量が少ない割には、結構高額なものばかりで、「もう損はしたくない!!!」という思いで、まつげが伸びる成分ってあるのか?あるのだとしたら、それは何なのかと色々なサイトなどで情報を得ました。

 

 

結局行き着いた結論は、このサイトで特集しているラピッドラッシュに含まれている成分でもある「プロスタグランジンの合成類似体がまつ毛を伸ばす成分である」です。

 

しかし、このプロスタグランジンという成分は、まつ毛を伸ばす効果(というか、これも副作用です)がある反面、さまざまな副作用が存在するのもまた事実です。
当サイトには、プロスタグランジンがまつ毛に及ぼす影響について、効果の面、副作用の面も網羅したつもりです。

 

 

 

まつ毛を伸ばしたいと思う方々にも、色々な思いがあると思います。

 

 

@どんなことをしてもまつ毛を伸ばしたい!!!!
Aまつげを伸ばしたいけど、ちょっとくらいの色素沈着なら受け入れる・・・・
B色素沈着は絶対にいやだ!!!!!

 

あなたは、どのタイプですか?

 

 

どちらの気持ちも私は理解できます。

 

 

当サイトは、特にA、Bのタイプの方に向けて作ったつもりです。

 

まつ毛は伸びるかもしれませんが、色素沈着も起こすかもしれません。

 

まつ毛が伸びるという事だけにスポットを浴びせるつもりもなく、むしろ副作用である色素沈着にスポットを浴びせたつもりです。

 

 

最後までお付き合い、本当にありがとうございました。

 

 

あなたにフサフサまつ毛が訪れますように♪

 
page top